×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



【バウムの手作りウッドデッキをご紹介します】


配置図



犬と共生するガーデニングをDIYで作りたい、そんな夢を手作りで実現させました。「生活利便」「動物愛護」そして「環境リサイクル」をコンセプトにしています。展望台付きウッドデッキは下部が収納スペースになっています。北側には上蓋を外せば焼肉コーナーにはや代わりするウッドデッキもあります。犬小屋の周りには犬の専用ドデッキがあり、雨の日でも自由に動き回れるように犬にやさしい配慮をしています。作品のタイトルは、丘の上のカントリーパグガーデンと名づけています。このデッキ作品の製作には約6年の工期を要しています。
【花の観覧車付きデッキ】

我が家のデッキフルな庭にアクセントになるものが欲しくなってこの「花の観覧車付きデッキ」をつくりました。プランターの部分は動物の形になっています。デッキ内にはバーべキューコーナーや床下収納などもあります。
↑靴の下がバーベキューコーナーです。家族でいつも利用している優れものです。

↑花の観覧車です。
この作品は 第6回リョービ・ドゥーパ!DIY大賞ガーデンエクステリア部門賞を受賞しました。

【リビングルーム横のウッドデッキ】 →

リビングルームに隣接していてとても便利なデッキです。デッキの中には作りつけの椅子とテーブルがあります。いつもコーヒータイムに利用しています。左端のアーチは第二のアーチです。アーチ全体を薔薇が覆ってくれます。

← 【北側展望デッキ】

我が家で眺望が最もよい場所にある展望デッキです。北摂の連山をパノラマ風景で望むことができます。デッキ内には作りつけのテーブルがあり、上部は山小屋風のパーゴラがあります。パーゴラの上部には夏場キーウイフルーツのつるが覆ってくれます。デッキ内に植物を地植えするスペースも作りました。




【焼肉コーナー付きウッドデッキ】

我が家に来た大勢のお客さんを迎えてバーベキューをするときによく使います。普通のデッキではなくバーベキューコーナーと兼ねたデッキはできないものかと考え思いつきました。大人8人がらくらく使えるサイズです。北側展望デッキと隣接しているので、お客さんが多いときにも対応できます。



↑バーベキューデッキは普段はこうなっています。上蓋を外すと焼肉の囲炉裏が現われます。 ↑焼肉コーナーが出現、デッキの蓋はテーブルに変身します。炉はU字側溝を利用しています。


【犬小屋付きデッキ】

我が家の愛犬パグの家です。市販の2×4(ツーバイフォー)をログハウスを作るときの要領で加工して作りました。犬小屋のサイズは2メートル×2.2メートル、高さは3.5メートルあります。犬小屋の内部にはクーラーや照明設備もあり快適空間です。雨の日でも犬が楽しく遊べるように、家の周りをくるりと回れるような犬専用デッキを作りました。近所の人によくキッズルームと間違われます。

↑西側の道路から犬小屋を見たらこうなります。犬が自分専用デッキの周りを一回りすることができます。 ↑花の観覧車も犬小屋の隣に加わりました。
●バウムがウッドデッキを始めたきっかけ
ウッドデッキを作る前は手作り家具や小物のアクセサリーなどを作っていました。6年前に今の場所に家を建築しましたが、以前から家を作るときには自作のウッドデッキを作ろうと決めていましたので実行に移しました。我が家にはパグ犬がいますので犬も楽しめるデッキも作ろうと思い、作品名を「カントリーパグガーデン」と位置づけして壮大なウッドデッキ製作プランを立てました。

●ウッドデッキのアピールポイント
我が家のウッドデッキは大きくは6つのコーナーで構成されています。製作した順番は次のとおりです。
1.犬小屋ウッドデッキ (1番に作った理由は引越ししたその日から犬の家は必要だったからです)
2.北側焼肉コーナーつきウッドデッキ (上蓋を外すと焼肉コーナーに早代わりします)
3.展望台ウッドデッキ (下は収納スペース、雨水はタンクに集まる仕掛けになっています)
4.リビングルーム横ウッドデッキ (リビングルームと一体的な利用ができます)
5.花の観覧車つきウッドデッキ (第6回リョービ・ドゥーパ!DIY大賞ガーデンエクステリア部門賞受賞)
6.北側展望ウッドデッキ (北摂の連山がパノラマ風景で望めます)そして、これら6つのウッドデッキは廊下ウッドデッキなどですべて繋がっていて、自宅の周りを囲んでいますので犬も大変喜んでいます。

●これからDIY活動でしたいこと
自分でデッキ製作をしているうちにだんだん親戚や近所の人たちから注目されるようになりました。そして我が家にもぜひ作って欲しいと頼まれるようになりました。私はサラリーマンですからDIY活動は自分の休日しかできませんので製作する時間には自ずと限界がありますが、1年に1作品程度はボランティアで親戚やお友達のデッキを作っています。
私はDIYアドバイザーとして現在ホームページでDIYを楽しんでいる人たちとサイトを通じて情報交換していますが、将来の夢はデッキ製作のボランティアサークルを作ってみんなでウッドデッキをいっぱい作りデッキライフの楽しさをみなさんに知ってもらえたらいいなと思っています。