×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



(ビオトープ完成。画像をクリックすると大きくなります)

2006.09.16〜
自宅敷地の東側の廊下デッキの横に孫と一緒にビオトープを作ることにしました。これまで作っていたビオトープは規模が小さかったので大きめのものが欲しくなってきたからです。
我が家の庭の土は固い岩がいっぱい埋まっているので正直言って着工を決意するにはちょっと勇気が必要です。土と岩との格闘が待っているからです。写真右側のところが製作する場所です。製作場所には梅とゆずの木がありますので移設する必要があります。今日は設置場所にある植物類の撤去作業から始めます。
2006.09.17〜
孫と一緒に製作する場所の掘削工事をしているところです。手作業で約1メートルほど掘る予定ですので気長にやっていきます。つるはしとスコップでの作業ですが、土と人との格闘です。
2006.0924
池の掘削もだいぶ進んできました。孫も大奮闘しています。
2006.10.07
今日も孫と一緒に池の掘削作業をしました。
我が家の庭の土は大きな石がたくさん混ざっていて掘削作業は難航しています。写真矢印右にある2つの大きな石を掘り出す作業はとても難航しました。池の部分の掘削作業はほぼ完了してあとは池周辺の修正作業を残すだけとなりました。
2006.10.28
今日はプールライナー(池の防水シート)を設置する作業を行いました。プールライナーは先日インターネットで見つけてネット購入したものです。(有)川添竹材商店というところですが安全な購入ができました。プールライナーのほかにも滝パネルセットを5点購入しました。滝パネルは池に流れを作りながら水が流入するようにするためのものです。プールライナーは5メートル×6メートルのサイズですが設置場所には十分すぎる大きさでした。プールライナーを設置する前に設置場所に家にあった古着を全面に敷き詰めました。アンダーライナーというものが市販されておりますが、わざわざ購入するより古着を敷き詰めてリサイクル利用すれば、同じ効果が得られ一石二鳥になります。写真は古着の上からプールライナーを敷き玉石を乗せているところです。池の防水にはコンクリートでする方法や防水塗料などいろんな工法が考えられますが、ビオトープを簡単に作るにはこの方法がいちばんかもわかりません。木の根の生長でシートが破られことが懸念されますが、そうなった時には補修すればいいと思っています。これで池の防水も完璧。池には水がたまる状況ができました。次の作業は池の周囲の石をモルタルで固める作業です。
2006.11.04
今日は滝を作る作業をしました。滝になる部分にはその周囲に石を並べて園芸用の土を入れ高さを調整します。それから滝パネルを一個ずつセットしていきます。滝パネルはレベルになるように水平器でチェックすることが大切です。滝パネルは全部で5個(滝パネルトップ、滝パネルミニ、ウォーターコ−ス、滝パネルミドル右、滝パネルミドル左、)ありますから、水の流れを作るには滝パネルを一段ずつ高さをつけ設置していきます。手前の長いパネルはウォーターコ−スです。
滝に沿って地被類植物を植え込む予定です。
2006.11.04
今日のビオトープの作業は、池の中に作る予定のステージの基礎の作業でした。池の底に所定の枠を設置してブロックをおいてからセメントで固めました。ブロックの丸い穴に支柱を立てて水面上に人が立てるようなステージを作るためです。バランスを保つために玉石を置きました。ここには玉石なども入れて魚たちの漁礁にする予定です。
2006.11.11
今日は池の中にステージ用の骨組みを作りました。
鋼管パイプを使ってあらかじめセットしていたコンクリートロックの中に
鋼管を入れて組み立てモルタルで足元を固めました。
池の中に散策用のステージを作る予定です。
2006.12.09
今夏から着手した手作りビオトープも本体がついに完成しました。
今は池のまわりの関連施設を整備中です。今日はあいにくの雨の中、池の中に植物を植えるための赤玉土を入れる作業をしました。18リットルの赤玉土8袋もあっというまになくなってしまい足りなくなりましたので12袋購入してきて投入しました。水中植物が繁茂するのが楽しみです。池作りと平行して水中植物も集めています。季節的に今はあまり期待できる植物は多くありませんがそれでも園芸店回りをしています。
2006.12.10
池の中に石を投入して仕切りを作り赤玉土を入れました。その中に水中植物を植えました。設計ではここは水没する予定ですが、水面から10センチほどになるよう赤玉土で高さを調整しました。
2006.12.16
今日は池の真ん中のステージを作りました。孫もペンキ塗りを手伝ってくれました。ペンキが乾くと鋼管で作った骨組みの上に乗せて取り付けると出来上がります。
2006.12.16
フレームの上に仮置きしました。バランス的にはこれでOKです。
一度撤去して塗装作業をしてから正式に取り付けます。
2006.12.17
昨日作業したペンキも乾いたのでさっそく池にステージを取り付けました。取り付け作業を終えて池に水を張りました。この水面が最高水位です。